HOME > 会社概要 > 放送番組審議会

COMPANY:会社概要

放送番組審議会

広島エフエム放送 第366回放送番組審議会は、
7月28日午前11時10分から、7人の委員が出席して開催されました。

今回の番組審議会では、
2021年4月から毎週月曜日のお昼のワイドプログラムとしてもっと楽しく賑やかに、
カープを通して広島を盛り上げる、カープ好き=広島好きコミュニティ番組として
リニューアルスタートした「アラウンドカープX」について試聴を行いました。



委員の方からは次のような意見がありました。

  • 楽しい番組だった。
    何となく流して聴いていてもカープにまつわる内容に引き込まれる部分があり、
    カープのイメージから話題を広げていて、「なるほど」と感じる部分や笑える
    部分もあり色々な情報が聴けた。
  • 滑舌が悪い部分や早口な部分が聴き取りにくかった。
    以前の夜の時間帯から昼の時間帯に移動して番組の内容がずいぶん
    変わりカープ情報が少なくなった印象で少し消化不良な気持ちで聴いた。
    カープの話より交通情報や観光情報の内容が多く、カープの話から
    離れすぎている印象だったのでコアな情報発信の時間帯も欲しい。
  • カープは好きだけど野球は詳しくないといったファンも多いので、
    この番組で小ネタとしてカープの難しくないネタの紹介があるのは楽しく
    聴ける。雑談の時の話題としても使えて、音楽もたくさんあってカープ
    好きでなくても番組を楽しめると思う。
  • バットの音や声援の効果音がとても良く、ノリの良い番組内容だった。
    また、観光連盟HITとタッグを組んで番組を進めている点も良かった。
    広島の観光地を紹介するアイデアや番組冒頭が漫才の掛け合いで始まる
    部分などの試みは面白い。

以上のようなものでした。

広島エフエム放送では放送番組審議会のご意見を参考に、
これからも、放送番組の向上に努めてまいります。
広島エフエム放送 第366回 放送番組審議会のご報告でした。

尚、今期の放送番組審議会委員の皆さんは次のとおりです。

委員長 伴谷 晃二 (作曲家・エリザベト音楽大学 名誉教授)
副委員長 明神 博(蜜屋本舗(株) 代表取締役会長)
委員 阿部 秀造(阿部洋酒店 代表取締役社長)
白川 泰山 (マッターホルン病院 院長)
武枝 靖(中国電力(株)地域共創本部広報コミュニケーショングループ マネージャー)
清川 秀樹(株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所 執行役員 広報室 室長)
長泉 英紀 (超専寺 住職)
中野 悦美(もみじ銀行 経営管理部)
藤井 美雪 (声楽家)
佳奈(広島銀行総合企画部広報・地域貢献室)

当該事項を記載した書面は、当社へ備置きしてあります。



以上