« 6月のゲスト | トップ | 6月8日 イラストレーター 檜山 文さん »

2012年6月 1日
6月1日 フェアアイルニットカフェ主宰 高橋亜子さん

120601高橋亜子さん.JPG
これまでも番組では様々な「もの作り」をされる方をお迎えしてきました。
高橋さんは「フェアアイル」という編み物に興味を持たれ独学で勉強、その技術と伝統、ぬくもりを広島にも広げていきたいとニットカフェを開かれています。
「フェアアイル」聞き慣れないですね。シェットランド諸島 フェア島で生まれた伝統工芸です。昔からその地域の生活にかかせない寒さをしのぐための毛糸で編まれたフェアアイル。今では現地でも後継者不足が悩まれている貴重な伝統工芸です。特徴は糸色の豊富さと使うたびに馴染み、より味わい深くなるというところ(またとっても暖かいそうですよ)
以前から家具など北欧のものを好まれ、スウェーデンには興味を持たれていた高橋さん。雑誌で目に付いたスウェーデンの編み物の歴史、技法を学ぶツアーに参加されたことがきっかけで北欧の編み物、フェアアイルにたどり着かれました。
ニットカフェでは初心者から編み物好きな方といろいろな人が参加され、3時間という時間はあっという間に過ぎていきます。アームウォーマーなども小物からセーター、マフラー、手袋などに挑戦されその上達ぶりにも毎回感心されるそうです。
生徒さん一人一人の作品に対して、それぞれの網図、製図を制作され必要な毛糸は直接イギリスから高橋さん自身が取り寄せられるという行き届いた指導ぶり。実際スタジオでもPCで制作された網図を拝見しましたが、細かい網の目にわかりやすく記号が打たれ、その通りに編んでいけば間違いなく完成するという綿密なもの!驚きました。ニットカフェでの指導時間以上に事前準備の大変さか伺えましたが、生徒さんの喜ぶ姿を見るたびにその苦労も吹き飛ぶようです。心地よい空間で仲間とおしゃべりをしながらひと目ひと目編み上げていく作業は日頃の喧騒から解き放たれる貴重な時間かもしれませんね。
またなんといっても、高橋さんのフェアアイルのことを楽しそうに語られる様子がキラキラしていてステキでした。

毎月火曜日、日曜日(月2回)ニットカフェ開催中
場所:広島市中区本川町ギャラリー 3時間3500円
詳しくはhttp://bluebrown.info/
     http://ameblo.jp/blue-and-brown/