2016年7月 1日
7月1日 七宝作家 菅坂安子さん

160701菅坂安子さん.JPG
「ヒロシマウィメンズハーモニー」記念すべき700回目のゲストは七宝作家の菅坂安子さん。また番組放送日7月1日は菅坂さんのお誕生日でもあり、700回の7、七宝の7、7月の7とトリプルセブン、まさに不思議なご縁も感じられ、番組も賑やかに始まりました。
菅坂さんは日本工芸会の正会員として日本伝統工芸展にも数多く出品され2009年の初入選以来ほぼ毎年入選を重ねられています。「七宝」とは伝統工芸技法のひとつで金属製の下地の上に釉薬をのせたものを800度前後の高温で焼成したもの。その色彩はとても美しく、アクセサリーや小物、花器など様々な物の施されています。
菅坂さんが七宝に出会ったのは40年以上前。京都旅行の途中、京七宝の小さなアクセサリーを見つけられました。その可愛いくも美しい七宝に魅かれて制作を始められ、京都の伝統工芸作家の教室に月に2回1泊で5年間通い学ばれました。帰りの新幹線の中では焼成した作品がひび割れるピン、ピンという音を聞くたびに悔しく、悲しい気持ちになることもあったそうです。
その後も諦めることなくひた向きに作品製作に取り組まれた結果、3年目を迎えた頃にはみごとに完成するようになり七宝作家としての光を見出されました。
菅坂さんの作品には常にテーマがあり、日常五感から得た情報を作品に反映させていきます。旅に出れば大好きな海辺に宿をとり、窓から見える海や波、風、空、雲など自然の織り成す美しい景色からイメージを作りあげます。
作家として技術的なものは誰もがクリア出来ているもの。高得点も好評価もいただけるものですが、目標は人を感動させられるキラリと光る作品を完成させることと制作意欲は尽きることがありません。
明るい笑顔と気さくな人柄の裏側に垣間見られる作家としての強い信念。七宝というひとつの事を貫くことの厳しさと、その七宝に出会えた喜びが菅坂さんの人生により一層の彩を与えているように感じられました。

2016年6月29日
7月のゲスト

7月1日 七宝作家 菅坂安子さん
     人生は楽しい趣味を持つこと


7月8日 染色型絵染め 山城直子さん
     日々の生活に作品つくりのヒントが


7月15日 映画館勤務 桑原由貴さん
     映画は心のサプリメント


7月22日 子供職業ナビゲーター 奥 貴美子さん
     自分らしく生きる自己理解を


7月29日 写真家 石河真理さん
     ギャラリー交差点で文化の交流を

2016年6月24日
6月24日SOU YOGAスタジオオーナー 大方寿恵さん

160624大方寿江さん.JPG
大方寿恵さん
は広島市南区京橋町でヨガスタジオ「SUU YOGA」を主宰されています。ヨガにも様々種類がありますが、大方さんが指導されているのは「アシュタンガヨガ」南インドのマイソール伝来の伝統の伝統的ヨガで、呼吸にあわせて一連の決められたポーズを流れるようにとっていくものです。世界共通の動きであること、また運動力が多く動く瞑想とも言われています。
大方さんはこれまで整形外科のリハビリトレーナーや野菜ソムリエ、水泳のインストラウターの仕事を経験されてきましたが、オーストラリア留学中にヨガに出会いました。以来これまで積み重ねてきた経験にヨガと健康運動指導士としての知識を加え、現在は食と運動で健康や美を提案されています。
お目にかかった際に大方さんの印象はとてもアクティブで健康的な雰囲気の女性でしたが、以前はメンタルが弱く人と競争することは苦手だったそうです。
また肩こりや腰痛に悩まされていたため、自然なもので心と体の健康へつながることを貪欲に追求されてきました。
アシュタンガヨガを通じて体をリセットすることで、心も強くなることを実感した今、同じような悩みを抱える人のお役に立ちたいとスタジオを中心にレッスンを行っています。
レッスンメニューはゆるゆるリセット、アシュタンガヨガ、朝ヨガ、プライベートヨガなど様々あり、ライフスタイルに応じて無理なく取り入れることが出来ます。
生徒さん達からも「リセットが上手くできるようになった、メンタル面が強化された」と嬉しい声もあがり、今後は食と健康をおしゃれに組み合わせたワークショップを開いていきたいと思いは広がります。
一生懸命生きているからこそ、時に不安定になり疲れが出てしまう心と体。
重度化する前に自分で上手くやわらげることが出来るといいですね。
アシュタンガヨガ一度体験してみてはいかがでしょうか。

9月17日、18日、19日 広島市中区小町 YO-HAKUにて
「ボディ・マインド・フード・ワークショップ」開催
(ローフーディスト 沢りえさんとのコラボ企画)
お問い合わせ SUUYOGA http://suyoga.iinaa.net/

2016年6月17日
6月17日 ひろしま神楽女子代表 住川裕江さん

160617住川裕江さん.JPG]
ゲストは神楽をこよなく愛し応援している住川裕江さん。10年ほど前から神楽に魅了され、その衣装を撮影したい為にカメラを抱え様々な神楽団を追いかけていました。そこでは神楽団員や神楽を支える地域の人達とのたくさんの出会いがあり、神楽でつながる人の輪を実感することで皆と神楽をもっともっと応援し盛り上げていきたいと2014年7月「ひろしま神楽女子」を結成。
また住川さんは北広島町 大朝新庄の郷之先神楽団団員としても週に1、2回は大朝へ通い活動を行う本格的な神楽女子です。
Facebookでは「ひろしま神楽女子」のコミュニティも作成、174名の神楽女子と神楽の話題を共有、神楽情報を発信しています。
他にも神楽を見に行く会、広島神楽についての座談会、公演のサポート、広島神楽を支える職人さんを訪ねるツアーなど神楽にまつわる様々なイベントを企画開催、神楽グッズを作るためにアンケートを集計し商品化も行います。タオルや神楽コーヒー、神楽ふりかけは好評で広島のお土産物としても喜ばれているそうです。
神楽文化の根付く山間部には直産の美味しい食べ物や観光、自然、そこに住む人の人情など街とは異なる雰囲気に包まれています。もっと多くの人にローカルの良さを感じてもらえるよう人が集まる仕組み作りを行い地域活性化に繋げていきたいと神楽をひとつのコミュニケーションツールとして捉えているそうです。お話をお聴きする中で神楽への愛は言葉の端々に感じましたが、それ以上に人に対する思い、人との輪、ふれあいを大事にされているところに住川さんの温かい人柄を感じることが出来ました。
あらゆる情報が簡単に手に出来る昨今ですが、その場所に行き、そこにいる人と触れ合い、その場で見聞きしなければ理解できないことは沢山あるような気がします。神楽はまさにそれを味わえるもののひとつなのかもしれません。
今後の神楽女子の盛り上がりを期待しています!

ひろしま神楽女子 http://kagurajoshi.com/

「広島神楽定期公演」詳細 http://www.rccbc.co.jp/event/kagura/

「実演!広島市内神楽団」詳細http://yuki-lodge.jp/kagura/

2016年6月10日
6月10日 梅林よつば保育園園長 園田祥子さん

160610園田祥子さん.JPG
園田祥子さんは広島市安佐南区八木の「梅林よつば保育園」の園長です。
平成17年に開園し、現在70人以上の子ども達が通園しています。特徴は年齢の違う子ども達がワンフロアーで保育を受ける「異年齢保育」であること。
そして横峯吉文先生の提唱する「ヨコミネ式」幼児教育法、子どもたちをやる気にするための「4つのスイッチ」を刺激するカリキュラムを「YYプロジェクト」として取り入れていることです。
異年齢保育では「人は皆違う」、それが当たり前であることを日々の生活の中で感じ取り、お互いを尊重し合える心を育める環境を作っています。
年齢の低い子の出来ないことを自然にサポートするお兄ちゃん、お姉ちゃん達。
そこには感謝の気持ちや、人に手を差し伸べる優しい気もちが通い合っています。
4人の子どもを育てるお母さんでもある園田さんは、結婚前に女性相手のサービス業に携わる中で保育士さんの悩みを聞いてきました。その後、結婚出産を機に「子育て」への関心が高まり、大切な子ども達を託す先生達が本当に現場で生き生きとやりがいを感じているのだろうか・・・かつて多くの悩みを聞いてきただけにその不安は拭えず、また日々多発する子ども達による事件を耳にするうちに「これからは地域全体で子育てをしていかなければならない!」と自ら開園することを決められました。
幼児教育において大切なことは「両親や先祖を大事にし、目上の人を敬う気持ちを育てること」と園田さん。当たり前のようですが、昨今そのように感じられない出来事があまりにも多すぎます。
今年度梅林よつば保育園では勉強会として「我が子育てのスペシャリスト」を保護者向けに開催され、一流の教育者から自分の子どもとの向き合い方、自分の子どもにあった育て方を学べます。
園田さんの子ども達への思い溢れる「梅林よつば保育園」。これからも子ども達とその家族、そして地域と共に歩んでいきます。

梅林よつば保育園http://www.yotsuba-kids.net/

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11